日本列島の真ん中から、
言いたいことを言ってます

長野県大鹿村に住むライター。
南アルプスの峰々を間近に望む小さな村から四方を眺めると、人と自然のあり方、世の中のおかしなところがよく見えてきます。

プロフィール

登山や自然環境、動物から、人権、家族、平和問題まで、幅広いテーマで発言し、活動しています。
動く基準は「おもしろいかどうか」。山の上下、都会と田舎、山奥と島、ところかまわず出没中。

宗像 充◆むなかたみつる 略歴

ライター。1975年生まれ。大分県犬飼町出身。長野県大鹿村在住。
大学入学と同時に上京。高校、大学と山岳部で、大学時は沢登りから冬季クライミングまで国内各地の山を登る。大学時代の山の仲間と出した登山報告集「きりぎりす」が、編集者の目に止まり、登山雑誌で仕事をもらいルポを書くようになる。

20年間暮らした国立市では、高層マンションの建設反対運動から市民運動に接し、教育問題や天皇制、街路樹の維持、平和運動など、さまざまな活動を担い、多様な考えを持つ人々に出会う。
2004年に友人が自衛隊官舎にチラシをポスティングし、住居侵入罪で逮捕されたのをきっかけに、救援活動にかかわる。マスコミがなかなか取り上げないので本を出した(『街から反戦の声が消えるとき 立川反戦ビラ入れ弾圧事件』)のが作家活動の始まり。

国立の市民運動で出会った人とともにミニコミ「並木道」を14年間発行。現在は大鹿村で「越路(こしじ)」を発行。生産者と消費者が一致する表現活動を続けている。

2007年に当時の妻と別れ、子どもと会えなくなったのをきっかけに、子どもと引き離された親たちの活動を組織、共同親権運動と名付ける。メルマガ発行、ニュースサイトを運営するとともに、親たちの相談を受け付けている。また、家庭裁判所裁判官を評価するブログ「家庭裁判所チェック」の運営にかかわる。

登山雑誌で南アルプスを通るリニア中央新幹線の取材で訪問したのがきっかけで妻と出会い、大鹿村に移住。田んぼをしながら執筆活動を続ける。

SPA!、週刊新潮、プレイボーイ、望星、世界、岳人、山と渓谷、Fielderなどの雑誌でルポを中心に書く。

本・出版物一覧はこちら

ブログ

出演・本

◆著書

◆執筆・企画

  • 「植村直己と単独行 功績と軌跡を再考」
    岳人(2011年9月号)
  • 「没後30年 天才クライマー加藤保男の夢」
    岳人(2012年3月号)
  • 「ナイル水源の真相」
    岳人(2013年5、6月号)
  • 「南アルプスを生きる」
    山と渓谷(2016年6月号~2017年5月号)連載
  • 「枯葉剤の埋められた山野を行く」
    世界(2016年10月号)
  • 「ニホンオオカミも生きている」
    SPA!(2017年9月19、26日号)
  • 「ニッポンの化学兵器が危ない」
    SPA!(2017年11月21日号)
  • 「リニア新幹線ずさん工事に住民大迷惑ルポ」
    プレイボーイ(2018年1月29日号)
  • 「いよいよ『日本の種』がヤバい!」
    SPA!(2018年7月3日号)
  • 「『絶滅』野生動物生息記」
    Fielder(2018年8月~)連載
  • 「大平宿に流れる時間 なんにもないけど、なにかある」
    望星(2019年1月号)
  • 「語られざる『逆差別』に『男もつらいよ』」
    週刊新潮(2019年2月14日号)
  • 「特集 グッバイ マイ ライス―その種は日本の宝物だったのに―」
    望星(2019年1月号)
  • 「美しい国のAgent Orange」
    Fielder(2019年8月1日号)

◆出演

  • テレビ東京 超かわいい映像連発!どうぶつピース!!「動物に育てられた人間・・・壮絶なその後」(2018年9月28日)
  • 朝日放送テレビ キャスト「共同親権を考える」(2019年3月7日)
  • NHKラジオ第1 Nらじ「単独親権と共同親権」(2019年4月18日)内容はこちらから

◆紹介されました

  • 「ニホンオオカミ追う人々に迫る」
     信濃毎日(2017年2月3日)
  • 『ニホンオオカミは消えたか?』書評「混乱と迷走の軌跡 丹念に取材」
     信濃毎日(2017年3月5日)
  • 『ニホンオオカミは消えたか?』書評「実像調査詳しく解説」
     宮崎日日新聞
  • 「ニホンオオカミ 本当に絶滅?」
     朝日新聞(2017年3月)
  • 『南アルプスの未来にリニアはいらない』書評
     信濃毎日(2018年11月11日)
  • 『南アルプスの未来にリニアはいらない』書評「自然を恐れぬ暴挙、その先は」
     消費者レポート(2018年11月20日)
  • 「リニア工事危険性 小冊子に」
     朝日新聞(2018年12月9日)
  • 『南アルプスの未来にリニアはいらない』書評「大鹿村のリアルな姿が浮かび上がる」
     山と渓谷(2018年12月号)
  • 「自由な議論目指し 会報(越路)10号」
     信濃毎日(2019年3月23日)
  • ‘IN SEARCH OF JAPAN’S EXTINCT WOLVES’
    THE JAPAN TIMES On Sunday(2019年5月26日)

本・出版物一覧はこちら

お問い合わせ

事務所

〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原2208

TEL 0265-39-2067